メタルボンド

メタルボンドとは?

内側に金属を使用した耐久性の高い被せ物です

メタルボンドとは、内側に金属を使用して表面にセラミックを焼き付けた被せ物(クラウン)です。金属を使用することで高い耐久性が期待できるようになり、ブリッジにも使用していただけます。また目に見える部分にセラミックを使用しているので、天然歯に近い色に仕上げることが可能です。セラミックの審美性、金属の耐久性という2つのメリットを兼ね備えています。

こんな方におすすめ

・白さだけでなく、耐久性の高い歯を入れたい方

・ブリッジで白い歯を使用したい方

・天然歯に近い色に仕上げたい方

など

メタルボンドに興味がございましたら、お気軽に松原市・布忍の藤田歯科医院までご相談ください。

メタルボンドのメリット・デメリットは?

メリット

金属を使用するので耐久性が高い

内側に金属を使用するので割れにくく、高い耐久性が期待できます。

幅広い症例に対応可能

メタルボンドは耐久性に優れた被せ物なので、幅広い症例に対応することが可能です。

天然歯に近い色に仕上げられる

表面に審美性の高いセラミックを焼き付けるので、天然歯に近い色に仕上げることが可能です。

金属アレルギーのリスクが軽減できる

内側の金属に貴金属を使用すれば、金属アレルギーや歯茎の黒ずみのリスクを軽減させることが可能です。

デメリット

金属アレルギーのリスクがある

内側に使用する金属の種類によっては、金属アレルギーや歯茎の黒ずみの原因となる場合があります。

裏側から金属が見えることがある

内側に金属を使用しているため、裏側から金属が見えることがあります。

歯と歯茎の境目が見えるようになることがある

経年的に歯茎が下がってしまい、歯と歯茎の境目が見えるようになることがあります。

オールセラミックよりも審美性は劣る

セラミックだけで作製したものと比べると、審美性は劣ると言えます。

自費診療なので費用がかかる

メタルボンドは健康保険が適用されないので、保険診療のものと比べて費用がかかります。

メタルボンドの費用

80,000円(税別)