ジルコニア

ジルコニアとは?

強度に優れたセラミックの被せ物です

ジルコニアとは、内側に人工ダイヤモンドのジルコニアを使用して、表面にセラミックを焼き付けた被せ物(クラウン)です。ジルコニアは強度に優れた材料で、これを内側のフレームに使用することで前歯から奥歯まで幅広い部分で使用することが可能です。また表面には審美性の高いセラミックを使用しているので、天然歯のような自然な美しさを再現することも可能です。ただし、強度が高いので噛み合う歯を傷つける恐れがあり、また複雑な形態を作り上げるのは難しくなります。

こんな方におすすめ

・噛む力の強い奥歯にも白くて美しい歯を入れたい方

・天然歯のような美しさをお求めの方

・強度と審美性を兼ね備えた歯をお求めの方

・できるだけ歯を削る量を少なくしたい方

など

ジルコニアに興味がございましたら、お気軽に松原市・布忍の藤田歯科医院までご相談ください。

噛む力の強い奥歯におすすめです

ジルコニアは強度に優れた材料ですので、噛む力の強い奥歯でも使用することが可能です。噛む力が強い方、特に男性では小臼歯(4・5番)でもジルコニアをおすすめするケースもあります。
「奥歯は目立たない」とお考えかもしれませんが、お口を大きく開けて笑った時などには目につくことがありますので、審美性を追求されるなら奥歯にも白い歯を入れられるのがおすすめです。

ジルコニアのメリット・デメリットは?

メリット

強度が高いので奥歯にも使用可能

内側のフレームに強度の高いジルコニアを使用していますので、噛む力の強い奥歯でも使用可能です。

天然歯に近い白さと透明感が再現可能

ジルコニアのフレームの上に審美性の高いセラミックを焼き付けて作製しますので、天然歯に近い白さと透明感を再現することが可能です。

歯を削る量が抑えられる

硬い材料なので強度が確保できるため、他の材料と比べて歯を削る量が抑えられます。

汚れの付着・変色が起こりにくい

表面が滑らかなので汚れが付着しにくく、さらに吸水性がないので変色が起こりにくいです。

金属アレルギーが起こらない

金属を一切使用しないので、金属アレルギーの心配はありません。

デメリット

噛み合う歯を傷つける恐れがある

強度が高い材料なので、噛み合う歯を傷つける恐れがあります。

複雑な形態は難しい

かなり硬い材料であるため、複雑な形態を作り上げるのは難しくなります。

自費診療なので費用がかかる

ジルコニアは健康保険が適用されないので、保険診療のものと比べて費用がかかります。

ジルコニアの費用

39,800円(税別)